手軽に女性ホルモンを増やす方法|栄養が鍵を握る

原因を知って対策を練ろう

足先が氷のように冷たくなるほどの冷え性の人は、例外なく血液が末端まで通っていない末端冷え性になっています。そこで、足先にまで血液とリンパ液が巡るように適度な運動をすると同時に、足首を温めたり、厚手の靴下を履くなどして改善することが大事です。

積極的に摂りたい

非常に酸化しやすく、保存方法や調理方法に気を使う亜麻仁オイルはサプリメントでの摂取がお勧めだと言われています。意識して摂りたい油のひとつだとも言われているので、サプリメントなどの利用で毎日の習慣にすると、様々な健康効果を見込むことができるはずです。

藻から摂取する栄養素

スピルリナとユーグレナはどちらも淡水に住む単細胞生物の藻類で、60種類前後の豊富な栄養素を持っています。スピルリナには特にβカロテンが多く含まれ、ユーグレナはパラミロンという有用成分が大きな特徴です。どちらも消化吸収に優れており、サプリメントから摂取することで豊富な栄養分を吸収することができます。

無理なく増やしていくには

悩む女性

毎日の継続

年齢を重ねると女性の卵巣は機能が衰えてきて、女性ホルモンのうちの一つであるエストロゲンの分泌量が減ってきてしまいます。そのため、女性ホルモンを増やす方法を考えるときは、いかにエストロゲンの分泌量を増やすかであることを基礎知識として持っておく必要があります。もう一つのホルモンであるプロゲステロンとの分泌量のバランスがおかしくなることにより、更年期障害の不調が出ることを考えれば、女性ホルモンを増やす方法とは、エストロゲンを増やすこととイコールだからです。大豆にエストロゲンに似た構造を持つ大豆イソフラボンという成分が含まれていることは、今ではよく知られるようになりました。毎日の生活の中で積極的に大豆製品を摂れば、エストロゲンに似た構造の大豆イソフラボンでバランスを取り戻すことができます。大豆製品は全般に苦手というのであれば、サプリメントを活用するのもいいでしょう。最近では、大豆イソフラボンよりもさらに確実に女性ホルモンを増やす方法として、エクオールという成分に注目が集まっています。エクオールは体内で生成できる人とできない人の割合が2:1なので、自分がどちらに該当するかを調べてみるのもいいでしょう。作れないのであれば、大豆イソフラボンよりもエクオールがおすすめです。毎日の生活の中で、食事で大豆イソフラボンを摂取する方法と、さらに効率よく女性ホルモンを増やす方法になるサプリメントを活用する方法、どちらも忙しい中でできる簡単な改善方法だといえます。